食事とサプリメントの摂取方法について注意点

サプリメントは食事の代わりにはならないので、食事からの栄養摂取を怠らないようにすることが大切です。サプリメントは栄養摂取の補助をするものである為、食事の代わりとして利用する方法は間違っています。
MENU

食事とサプリメントの摂取方法について注意点

サプリメントは食事の代わりにはならないので、食事からの栄養摂取を
怠らないようにすることが大切です。サプリメントは栄養摂取の補助を
するものである為、食事の代わりとして利用する方法は間違っています

 

 

健康生活 サプリメント 

 

 

食事だけではビタミンやミネラルが足りなくなることがありますので、その分だけを
サプリメントで補給するという形です。あくまでも補う目的ということですね。

 

 

一日分のサプリメントに含まれている栄養素の量は明記されていますので、薬局や
コンビニ等で買う時にはチェックをしておきましょう。

 

 

意外かもしれませんが、サプリメントは時間が経つと劣化すると言われているため、
保管中に栄養素の含有量が減ることもあるので、早めに利用することが大切です。
古くなったサプリメントを利用していると、栄養を確保できているはずが、
それほど摂れていないということがあります。期限もチェックしておきましょう。

 

 

また、天然成分のサプリメントもあれば、人工的に合成された成分のサプリメントもあり、
栄養素の吸収率に差があります。やっぱり天然成分の方が安心感はありますね。
同じ栄養素が配合されているサプリメントでも、含有量や吸収率はそれぞれ異なるので、
しっかりチェックしましょう。

 

 

サプリメントは製造工程の都合上、粉末状にする際に扱いやすくするためや、
加熱や加圧のために、添加物を加えることがよくあります。添加物は身体にとって
いらないものですで、過剰に摂りすぎると体調不良の原因になることがあります。

 

 

サプリに限らず添加物は加工食品にも多く含まれていますね。大変便利な
魔法のような添加物ですが、ないに越したことはありません。
自然に近いほうが体にとって優しくていいにきまっています。

 

 

サプリメントは健康な体作りに役立つ商品ですが、このように利用する際には、
注意しておくべき点がいくつかあります。

 

 

サプリメントは食事の補助としてとても便利な存在ですが、
前提として栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。
 
 
サプリメント 健康生活 

 
そして、サプリメントを用いて栄養不足の改善をはかる人は増えてきていますが、
理解しておきたいことがあります。

 

 

サプリメントは食事の代用品として使うものではありませんので、食事代わりに
用いるたぐいのものではないという話をしましたが、現代人の食事は、ビタミンや
ミネラルが不足しがちで、代表的なものは亜鉛や鉄分です。

 

 

身体機能の維持には適量の亜鉛が必要ですが、摂取量をオーバーすると吐き気や
黄疸などの原因になります。

 

 

身体を酸化から守ったり、赤血球を増やすには、鉄分摂取が必要です。
肩凝りや頭痛、冷え症状、慢性疲労など、鉄分が不足すると体には色々な問題が
発生するものです。

 

 

鉄分のサプリメントに原材料として使われている鉄は、ヘム鉄か、非ヘム鉄です。
身体への吸収率はヘム鉄のほうが高いので、サプリメントを選ぶ時にはヘム鉄が
使われているものがおすすめです。

 

 

骨をつくったり、神経の信号を伝達する機能に関係しているものがカルシウムであり、
不足すると骨がもろくなります。多量にカルシウムを摂取したからといって骨が
どんどん強化されるということはないので、摂取量を守りましょう。

 

 

多量に取りすぎると高カルシウム血症になる恐れがありますので、説明書きの通りに
摂取するよう心がけてください。

 

 

ついついサプリメントをたくさん飲みたくなる気持ちはよくわかりますが、
何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」ということですね。

関連ページ

日常生活に不足しがちな栄養素をサプリメントで補う
普段の食事だけでは栄養バランスが良くないことがあります。サプリメントは、食事だけでは不足気味な栄養を補給するものです。最近は、数多くのサプリメントが、色々な栄養の補給に使えるようになっています。健康に関心を持つ人が増えていることもあり、たくさんの人がサプリメントを常用しています。
サプリメントはお店で商品実物を確認して買う方が安全安心
健康的な生活を送るためにサプリメントを選ぶにはオンラインより専門店が安心です。最近はネット通販での商品購入が一般的になっていますが、店まで行ってサプリメントを買えば、商品を自分の目でチェックしつつ、販売スタッフと相談しながら商品を選択できます。ネットでの購入は便利ですが、自分で商品選びが出来ない時には、お店に行って実際の商品を確認しながら購入する方が安心です。
このページの先頭へ